ビズアナオーナーの機能 稼働状況【月別賃料推移】


こんにちは!CBITのビズアナ オーナー担当です。 今回は「稼働状況」シートの一つ、【月別賃料推移】についてご紹介させていただきます。

前回、稼働状況分析シートをご案内させていただきましたが、 ざっと、こんな分析に使えるとご説明しました。


✅ 空室状況の把握 ✅ 在室・空室の期間 ✅ 現賃料の相場(最高・最低賃料との比較)


つまり、過去のデータから、 現賃料が過去と比較して上がっているのか?下がっているのか? 下がっているとすれば、その差額はどの程度なのか? また収支は物件毎に見たときに上がっているのか?それとも下がったのか?


これを過去の稼働状況からこのシート一つで把握することが可能でした。 こういったサービスがなければ、推移などを簡単に把握することは困難なのではないでしょうか。

では、今回ご紹介するシートはどんな時にお使いいただけるのでしょうか。


稼働状況【月別賃料推移】シート


結論から先に申し上げますと、 本シートは、


1.現賃料の推移 2.空室状況の推移 3.物件毎の収入推移


にご活用いただけます。


ですので、以前ご紹介したオーナーダッシュボードの次に見ていただきたいシートになります。 オーナーダッシュボードで、直近の月の収入・支出・収支に加え、 年間の収入・支出・収支状況が“見える化“されます。 それに加え、現在の空室の総数、物件毎の空室状況(部屋)が把握できるようになっています。


そこで次に本シート、稼働状況の月別賃料推移シートを見ていただきます。


ここで主に見ていただきたいのは、 シート右側の月別の賃料収入と空室状況です。 添付のシート上では過去(2018年12月~2018年7月までの)半年のデータを表示していますが、 物件毎に縦軸に物件と部屋、横軸に年月ごとに各部屋の賃料収入ないしは、 空室、滞納状況が表示されます。


このシートで、パッと見で、


✅ 空室の有無 ✅ 賃料の支払状況の有無 ✅ 滞納状況の有無


などが“見える化“されます。


こちらのシートで前月との賃料収入の差異、空室の有無を見ていただき、 現状把握していただけるような機能になっております。


是非、本機能をお使いいただき、マウス操作ひとつで実現できる、 賃貸経営のデータ分析にお役立てください。


本日もお付き合いいただきありがとうございました。


※本コラムはダンゴセレクト様にも寄稿しております。

株式会社 CBIT

東京都千代田区外神田2-9-8 ユニオンビル細野8F

Tel: 03-5298-2020 /​ Fax: 03-5298-2019

Copyright(c) 2018 CBIT Co.,Ltd. All Rights Reserved.